イトーヨーカ堂(株)(読み)いとーよーかどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトーヨーカ堂(株)
いとーよーかどう

スーパーマーケット業界の大手企業。1920年(大正9)東京・浅草で羊華堂洋品店として創業。第二次世界大戦後に千住(せんじゅ)に店を移した。1960年(昭和35)店舗にセルフサービスを導入、翌1961年には社長の伊藤雅俊(1924― )が欧米流通業界を視察して店舗のチェーン展開を開始し、スーパーとしての道を歩み出す。1965年に伊藤ヨーカ堂と改称、1971年にイトーヨーカ堂となる。1973年には、アメリカのデニーズ社と契約を結び、デニーズジャパンを設立して、フランチャイズ方式の外食産業に進出するとともに、アメリカでセブン‐イレブンを経営していたサウスランド社と提携して、日本のコンビニエンス・ストア業界の草分けとなるヨークセブン(現、セブン‐イレブン・ジャパン)を設立した。他社に先駆けてPOS(ポス)システムを導入するなど、流通革命の先端を歩み、スーパーのヨークマート設立やディスカウント・ストアのダイクマ(2013年ヤマダ電機に吸収合併)との業務提携などにより、流通分野で有力な企業グループを形成した。東日本中心であるが、堅実本位の経営と出店政策には定評があり、1991年(平成3)には、業績の悪化したサウスランド社の株式の70%を取得し、経営を支援することになった。また、2001年(平成13)にはセブン‐イレブン・ジャパンと共同で決済専門銀行であるアイワイバンク銀行(現、セブン銀行)を設立した。2005年9月持株会社セブン & アイ・ホールディングスの設立により、セブン‐イレブン・ジャパン、デニーズジャパンなどとともに、その子会社となる。資本金400億円(2016)、売上高約1兆2556億円(2016)。[中村青志]
『イトーヨーカ堂編纂・刊『変化対応――あくなき創造への挑戦 1920―2006』(2007)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android