コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナイリュウ Metanothosaurus nipponicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イナイリュウ
Metanothosaurus nipponicus

宮城県本吉郡の三畳紀初期の稲井層群,女川灰色粘板岩層から発見された (1939) 海生爬虫類化石。和名は,産出地層名に由来する。鰭竜 (きりゅう) 目ノトサウルス科に属すると考えられる。胸胴部の長さから推定して,全長 1.3mぐらいとされる。頭骨は発見されなかった。道路工事の人たちにより発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イナイリュウ
いないりゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イナイリュウの関連キーワード宮城県本吉郡

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android