イナイリュウ(英語表記)Metanothosaurus nipponicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イナイリュウ
Metanothosaurus nipponicus

宮城県本吉郡の三畳紀初期の稲井層群,女川灰色粘板岩層から発見された (1939) 海生爬虫類化石。和名は,産出地層名に由来する。鰭竜 (きりゅう) 目ノトサウルス科に属すると考えられる。胸胴部の長さから推定して,全長 1.3mぐらいとされる。頭骨は発見されなかった。道路工事の人たちにより発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android