イニャシオ ラモネ(英語表記)Ignacio Ramonet

現代外国人名録2012の解説

イニャシオ ラモネ
Ignacio Ramonet


国籍
フランス

専門
ジャーナリスト

肩書
「ルモンド・ディプロマティック」社主・総編集長;パリ第7大学教授

生年月日
1943

出生地
スペイン

学歴
パリ大学卒;パリ大学社会科学高等研究院修了

学位
記号学博士;文化歴史学博士

経歴
1973年から日刊誌「ルモンド」が発行する月間誌「ルモンド・ディプロマティック」に寄稿、’90年〜2008年同誌発行者兼編編集長。また、パリ第7大学で教鞭もとり、メディア関係の著書も多い。外国通貨の投機的取引に課税する“トービン税”による富の再分配を訴え、反グローバリズムの世界規模の市民組織・ATTAC結成につなげた。国際問題の鋭い分析で知られ、イラク戦争では“新帝国主義”批判の論考を発表。著書に「21世紀の戦争」など。1992年12月シンポジウムに参加で来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android