コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌビク イヌビクInuvik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌビク
Inuvik

カナダ,ノースウェスト准州北西部の一集落。マッケンジー川河口の東水路に沿う。カナダ政府によって,イヌイット (エスキモー) 集落のモデルとして計画,建設された。学校,病院,ホテルなども建設されて,毛皮狩猟者の便宜をはかっている。人口 3206 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌビク
いぬびく
Inuvik

カナダ北西部、ノースウェスト・テリトリーズ、マッケンジー地区北西部の町。マッケンジー川河口に近い同川の東の分流イースト・チャンネル川右岸にあり、カナダ政府が計画的に建設した国営の町。人口2894(2001)。北極地方の永久凍土上に実験都市として建設され、集中暖房、上下水道、電気のほか文化施設も完備し、1961年に完成した。北極地方野外学術調査基地として重要な町。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イヌビクの関連キーワードアクラビク

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android