イノコヅチ(英語表記)Achyranthes japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イノコヅチ
Achyranthes japonica

ヒユ科の多年草で,山野,路傍,藪などいたるところに生える。茎は断面が四角で節が太く,高さ 1m近くになる。葉は対生し,先のとがった楕円形で,長さ 15cmぐらい,両面に毛がある。夏から秋にかけて,茎の上部や葉腋から細長い穂状花序を出し,緑色の小花を多数つける。花の基部に3個あるとがった小さな包葉は,果実の熟後も残り,とげ状になって動物や衣服に付着し,種子の散布に役立つ。根を乾燥させたものが生薬の牛膝 (ごしつ) で,煎じて用いると収斂,利尿,強精などの効果があるとされる。若い葉は食べられる。日本にはこれに近縁なものとして葉が細長いヤナギイノコヅチや,葉がやや厚くて毛の多いヒナタイノコヅチなどがあり,いずれも雑草として広がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android