イノシシ(猪/野猪)(読み)イノシシ

百科事典マイペディアの解説

イノシシ(猪/野猪)【イノシシ】

偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の哺乳(ほにゅう)類。体長1.1〜1.5mで灰褐色〜黒褐色。子はウリボウ瓜坊)といい,淡褐色に白縦線があるが成長とともに消失。ヨーロッパ〜日本の平地から標高4000mまでの森林や低木林にすむ。雑食性の夜行獣で木の根,穀物,茎,鳥卵,ミミズなどを食べ,ときには人里に出て田畑を荒らす。ふつう1腹5〜6子。雄の牙(きば)は印材,パイプに利用。肉は山鯨といわれ牡丹(ぼたん)鍋にし美味。またブタとの交雑種イノブタと呼び食用に飼育される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android