コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノシトール3リン酸受容体 イノシトールさんリンさんじゅようたい

1件 の用語解説(イノシトール3リン酸受容体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イノシトール3リン酸受容体
イノシトールさんリンさんじゅようたい

IP3ともいう。受精現象にかかわりのある蛋白質の一種。卵子にたどりついた最初の精子が卵子内に進入を始めると,卵子内のカルシウム濃度が急激に高まり,他の精子は進入できなくなる。二重受精を防止するこのカルシウム放出を調節しているのがイノシトール3リン酸受容体であることが,1992年つきとめられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イノシトール3リン酸受容体の関連キーワード変り塗沽券に関わる専門的関わり関わり合う好むと好まざるとにかかわらず引っ掛りこだわりの甘酒ヒマワリ油ヴェストファール‐ピルツ現象(臨床医学)