コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバラガニ(荆蟹) イバラガニ Lithodes turritus

1件 の用語解説(イバラガニ(荆蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イバラガニ【イバラガニ(荆蟹) Lithodes turritus】

甲殻綱タラバガニ科の1種で,カニ型であるが分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。相模湾から土佐湾の水深300~600mに分布する日本固有種。タラバガニと誤称されることも多い。甲幅20cm。甲は紫褐色,甲縁,はさみ脚,歩脚は紅色で,アカガニと呼ばれることもある。額角は細長く,ほぼ水平に突出して先端が二叉(にさ)する。額角の中央部に1対のとげがやや背側を向いて出ている。胃域,心域に各四つ,鰓域(さいいき)に二つ,側縁に各八つ,後縁に四つの円錐形の突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イバラガニ(荆蟹)の関連キーワードズワイガニタラバガニハナサキガニ花咲蟹松葉蟹荊蟹疣蟹鱈場蟹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone