コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビラプエラ公園 イビラプエラこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

イビラプエラこうえん【イビラプエラ公園】

ブラジルのサンパウロにある公園。1954年、サンパウロ市政400年を記念して、建築家のオスカー・ニーマイヤーと造園家のプレレ・マルクスの設計で造られた公園で、日本庭園や近代美術館、大小の池、スポーツフィールド、ジョギングコースなどがある。週末には家族連れやスケートボード、サイクリングなどを楽しむ人でにぎわう。園内では数多くの水鳥の群れを観察でき、美術館や施設で楽しむこともできる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イビラプエラ‐こうえん〔‐コウヱン〕【イビラプエラ公園】

Parque do Ibirapuera》ブラジル南東部の都市サンパウロにある公園。市街南部に位置する。1954年、サンパウロ市制400年を記念して造られた。建築家オスカー=ニーマイヤーと、造園家ブレレ=マルクスの設計による。広大な敷地に近代美術館、屋外コンサート場、日本庭園、サンパウロビエンナーレのパビリオンなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イビラプエラ公園の関連キーワードサン・パウロ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android