コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキヌカボ(伊吹糠穂) イブキヌカボMilium effusum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブキヌカボ(伊吹糠穂)
イブキヌカボ
Milium effusum

イネ科の多年草。北半球の温帯,亜寒帯に分布し,北海道から九州の湿気の多い山地林内に生える。茎は高さ 60~120cm。葉は扁平で短い線状披針形,白緑色で幅1~1.5cm。花期は6~7月。円錐花序はまばらで長さ 15~25cm,伸長した中軸に細い枝が輪生し数個の小穂をつける。小穂は卵球形で長さ約 3mm,小花は熟すと小穂から脱落する。和名は発見地の伊吹山にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android