イブヌル・アシール(英語表記)Ibn al-Athīr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・アシール
Ibn al-Athīr

[生]1160.5.12.
[没]1233. モスル
アラブの歴史家。ザンギー朝支配下のモスルで生涯の大半を過し,バグダードにもしばしば出かけた。アダムから同時代までの年代記『完史』 al-Kāmil fī al-Ta'rīkhが代表的な著作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android