イブヌル・シード(英語表記)Ibn al-Sīd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・シード
Ibn al-Sīd

[生]1052. バダホス
[没]1127
スペインのアラビア語文法学者で,イスラム哲学者でもある。彼は哲学と宗教とは互いに対立するものではなく,1つの真理にいたるための2つの方法であるとする。その世界観は,ピタゴラスの数哲学と新プラトン主義哲学の流出思想を融合させたものである。彼によれば第1原理から存在者が流出する順序は,それぞれ 10の単位を含んだ3つの円環によって説明される。そして彼は 10という数のなかに,宇宙の真理の象徴をみようとする。主著『質疑の書』 Kitāb al-masā'il。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android