イブヌル・ファーリド(英語表記)Ibn al-Fārid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・ファーリド
Ibn al-Fārid

[生]1181.3.22. カイロ
[没]1235.1.23. カイロ
イスラム神秘主義詩人。青年時代からカイロ東方のムカッタム丘で隠遁生活をおくり,次いでアラビア半島のヒジャーズの山地に移住,修行して,カイロに帰って尊敬されながら隠遁生活を続けた。彼の詩は大部分頌詩 Qaṣīdahの形式をとっている。神と自己との関係を凝視し,神への愛の陶酔境を体験する過程を日常的な言葉を用いて比喩的にうたい上げている。その詩から導出される神秘思想の解釈については多様で一定していないが,後世の神秘思想家は,その詩のなかに存在一性論 waḥdat al-wujūdの思想を読取ろうとする傾向が強い。主著『イブヌル・ファーリド詩集』 Dīwān ibn al-Fāridは小冊子ではあるが,独創的なアラブ文学作品として名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android