コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブヌル・ファーリド Ibn al-Fārid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・ファーリド
Ibn al-Fārid

[生]1181.3.22. カイロ
[没]1235.1.23. カイロ
イスラム神秘主義詩人。青年時代からカイロ東方のムカッタム丘で隠遁生活をおくり,次いでアラビア半島のヒジャーズの山地に移住,修行して,カイロに帰って尊敬されながら隠遁生活を続けた。彼の詩は大部分頌詩 Qaṣīdahの形式をとっている。神と自己との関係を凝視し,神への愛の陶酔境を体験する過程を日常的な言葉を用いて比喩的にうたい上げている。その詩から導出される神秘思想の解釈については多様で一定していないが,後世の神秘思想家は,その詩のなかに存在一性論 waḥdat al-wujūdの思想を読取ろうとする傾向が強い。主著『イブヌル・ファーリド詩集』 Dīwān ibn al-Fāridは小冊子ではあるが,独創的なアラブ文学作品として名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イブヌル・ファーリドの関連キーワード養和杵淵重光足利俊綱鴨長明城資永平盛俊藤原邦綱ジャヤバルマン[7世]城資永源平の合戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android