コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブヌル・ムータッズ Ibn al-Mu`tazz, Abū al-`Abbās `Abd Allāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・ムータッズ
Ibn al-Mu`tazz, Abū al-`Abbās `Abd Allāh

[生]861.11.1. サーマッラー
[没]908.12.17. バグダード
アラブの詩人。アッバース朝第 13代カリフのムータッズの子。祖父は第 10代カリフのムタワッキル。生れた翌月,祖父が殺され,8歳のとき父も非業の最期をとげた。祖母カビーハに養育され,当時の一流の学者たちについて学んだ。たぐいまれな天分に恵まれ,詩人として一流の域に達し,アラビア語の詩を新傾向に導いた。 892年頃バグダードに居を移し,902年頃からは公的生活から退いて悠々自適の生活をおくった。 908年 12月 17日,一部の人々に擁せられて第 18代カリフのムクタディルを位から追い,みずからカリフの位についたが,わずか1日で政敵の反撃のため捕えられ殺された。詩集のほか,修辞,作詩その他に関する著作を残した。その散文も流麗,明快で,リサーラ (書簡体) 文章の模範とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イブヌル・ムータッズの関連キーワードムタワッキルイスラム文化ファルガーニー訪日外国人旅行者五紀暦真如宣明暦越後三山只見国定公園回族河陽宮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android