コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブラヒム・パシャ İbrahim Paşa

1件 の用語解説(イブラヒム・パシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブラヒム・パシャ【İbrahim Paşa】

1493‐1536
オスマン帝国の大宰相(サドラザム)。ギリシア系の出身で,幼時に海賊にさらわれ,やがてデウシルメを受けてオスマン宮廷入りをしたといわれる。当時のスルタンスレイマン1世に仕えて絶大な信任を受け,1523年大宰相に就任。このとき年齢30歳,異例の昇進であった。24年スルタンの姉妹と結婚。26年のモハーチの戦をはじめ,ウィーン包囲(1529),対サファビー朝イランとの戦争(1532‐34)など,たびたびの遠征で活躍,その保有する封土も拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブラヒム・パシャの関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダツェティニェ修道院オスマン朝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone