コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブラヒム・ミュテフェッリカ İbrahim Müteferrika

1件 の用語解説(イブラヒム・ミュテフェッリカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブラヒム・ミュテフェッリカ【İbrahim Müteferrika】

1674ころ‐1745
オスマン朝の官人,外交官。トランシルバニアクルジュキリスト教徒の子として生まれ,聖職者としての教育を受けたが,イスラムに改宗しオスマン朝に仕え,主として外交の分野で活躍した。改宗の事情については諸説がある。彼はオスマン朝への活版印刷術の導入者として知られる。オスマン帝国領内では,1493年以来,非ムスリム臣民は各自の言語により活版印刷所を開設していたが,アラビア文字による活版印刷に対しては宗教界の反発も強く印刷所もなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イブラヒム・ミュテフェッリカの関連キーワード百科事典片山北海ビターリ(父子)加藤盤斎如儡子新場マラータミルトン詩法グレゴリー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone