コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブラーヒーム(ムハンマド) いぶらーひーむ

世界大百科事典内のイブラーヒーム(ムハンマド)の言及

【アブー・ムスリム】より

…ホラーサーンにおけるアッバース朝革命の指導者。アッバース家のイブラーヒームIbrāhīm b.Muḥammad(701∥702‐749)によって秘密の宣伝者(ダーイー)として派遣され,ウマイヤ朝打倒運動を指導,747年メルブで武装蜂起し,革命軍を西進させてウマイヤ朝軍を粉砕した。その功によりホラーサーン総督となったが,その在任中の751年,中央アジアのタラスで唐の大軍を破り,いっそう名声をあげた。…

【サッファーフ】より

…ムハンマドの叔父アッバースの子孫。打倒ウマイヤ朝のアッバース家運動を指導していた兄イブラーヒームIbrāhīm b.Muḥammad(701∥702‐749)が殺された後,749年クーファに入城した革命軍の推戴を受けてカリフ位につき,翌年ザーブ河畔でウマイヤ朝軍を破り,さらにカリフ,マルワーン2世を殺してとどめを刺した。続いてシーア派の弾圧に転じ,アッバース家の権威を確立した。…

※「イブラーヒーム(ムハンマド)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android