コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブラーヒーム・パシャ Ibrāhīm Pasha

世界大百科事典 第2版の解説

イブラーヒーム・パシャ【Ibrāhīm Pasha】

1789‐1848
ムハンマド・アリー朝の第2代エジプト総督(ワーリー)。ムハンマド・アリーの長子。養子とも言われる。上エジプト地方での旧支配階層マムルーク勢力の掃討,対ワッハーブ派戦役,ギリシア解放戦争に出兵,第1次,第2次シリア戦争に司令官として従軍,数々の戦果を挙げる。シリア領有をめぐって東方問題が激化したときには,最前線にあって難局にあたる。1840年のロンドン条約締結によって帰国。48年には第2代エジプト総督となるが,就任直後に病没した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブラーヒーム・パシャの言及

【ギリシア解放戦争】より

…蜂起軍の主体は農民だったが,23年から指導部内にコロコトロニスと新興地主層(コジャバシ),コジャバシと船団所有者の間に対立が生じた。さらに25年スルタンのマフムト2世がエジプトのムハンマド・アリーに援軍を要請し,その子イブラーヒーム・パシャの軍隊がモレア半島を攻略するに及んで蜂起軍は苦境に立たされた。イブラーヒーム軍はついでギリシア人が英雄的な抵抗を示したミソロンギを攻略して全滅させ(1826年4月),アテネも占領した。…

※「イブラーヒーム・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブラーヒーム・パシャの関連キーワードムハンマド・アリー朝ムハンマド・アリーギリシア独立戦争ナバリノの海戦マクリヤニス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android