イブン・サウード家(読み)イブン・サウードけ(英語表記)Ibn Sa`ūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・サウード家
イブン・サウードけ
Ibn Sa`ūd

サウジアラビア王国の王家。アラビア半島のナジド高原にある小邑ダルイーヤの豪族であったが,イスラム復古主義を説いたムハンマド・イブン・アブドゥル・ワッハーブを保護して 18世紀中頃から周辺に勢力を伸展させた。 19世紀末には一時期,クウェートに亡命したが,20世紀初頭アブドゥル・アジーズ (→イブン・サウード ) がリヤードを奪回して今日のサウジアラビア王国を樹立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android