コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ジュバイル イブン・ジュバイル Ibn Jubayr, Muḥammad ibn Aḥmad al-Kinānī

2件 の用語解説(イブン・ジュバイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ジュバイル
イブン・ジュバイル
Ibn Jubayr, Muḥammad ibn Aḥmad al-Kinānī

[生]1145.9.1. バレンシア
[没]1217.11.29. アレクサンドリア
スペインのアラブ系旅行家,文筆家。 1183年2月~85年4月の第1回メッカ巡礼の途中,北アフリカイラクシリアシチリアなどを遊歴,グラナダに帰着。そのときの日記をもとにした旅行記『リフラ』 Riḥlahは,文章の巧みさ,内容の興味深さ,特に十字軍時代のオリエント事情を伝える貴重な史料であることなどで,アラビア語紀行文学の最良のものの一つとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ジュバイル
いぶんじゅばいる
Ibn Jubayr al-Kinn
(1145―1217)

スペイン生まれのアラブの著述家・旅行家。バレンシアに生まれ、グラナダに住んでいたが、エジプトを経由してメッカへの巡礼を行い、『キナーン人の旅行記』(単に『旅行記(リフラ)』とも)と題する紀行文を書いた。これは、地中海航行のようす、アレクサンドリアおよびカイロの姿、メッカおよびメディナの巡礼、イラク、シリアの諸都市、帰途立ち寄ったシチリア島の景観などを名文章で綴(つづ)ったもので、十字軍時代の近東の姿および当時の地中海世界の貴重な記録とされる。文学的にも、生気あふれた記録文学の代表的作品の一つに数えられる。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブン・ジュバイルの関連キーワードバレンシアバレンシア大聖堂シュウェップス バレンシアオレンジリプトン バレンシアオレンジティーバレンシアの熱い花ローレンシア楯状地ウィンケンティウス(バレンシアの)バレンシア地方右翼党ビヨ・バレンヌ,J.N.ホタ・バレンシアーナ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone