コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・バーッジャ イブン・バーッジャIbn Bājjah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・バーッジャ
Ibn Bājjah

[生]1095頃.スペイン,サラゴサ
[没]1139.5. モロッコ,フェス
イスラム時代スペインの哲学者,政治家。ラテン名は Avempace。アリストテレスの理論をよりどころとして合理主義的な哲学思想を展開したが,コーランやイスラムの信条を否定する無神論と非難され,フェスで毒殺された。多くの論文を書いたが,そのほとんどは現存していない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・バーッジャ
いぶんばーっじゃ
Ab Bakr Muammad ibn Yay al-'igh ibn Bjja
(?―1138)

イスラム哲学者。ラテン名はアベンパケAvempace。スペインのサラゴサに生まれる。ムラービト朝の宰相として活躍し、政務のかたわらアリストテレス哲学を研究する。人間理性を重視し、霊魂の完成には哲学が不可欠であると説く。哲学的認識を高めていくことで霊魂は純化し、純粋知性の認識が可能となり、人間の最高の幸福が実現するという。彼の主知主義的傾向はイスラム教徒大衆の反感を買い、ついには政敵の謀略に陥り、毒殺されたという。[松本耿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イブン・バーッジャの関連キーワードイスラム哲学モロッコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android