コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ラーイク イブン・ラーイクIbn Rā'iq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ラーイク
Ibn Rā'iq

[生]?
[没]942.4. モスル
アッバース朝の将軍。初代のアミール・アルウマラー。トルコ系ハザール族の出身。父は下級のマムルーク (トルコ系奴隷軍人) であったが,彼は将軍ムーニスの引立てで頭角を現し,警察の長官,侍従長などを歴任したのち,下イラク地方の総督となり,兵力をたくわえた。 936年,カリフ,ラーディーは宮廷内の権力争いに終止符を打つため,兵力のある彼をアミール・アルウマラーに任命して帝国の軍事,行政の全権を与えた。 938年部下のバジュカムによってその地位を追われたが,941年に再任された。翌年アフワーズ総督の軍に敗れてモスルに亡命したが,ハムダーン朝ナーシル・ウッダウラ・アルハサンによって暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のイブン・ラーイクの言及

【アミール】より

…同朝の君主はスルタンを自称することがあったが,法的には,あくまでアミールの地位にあった。10世紀の前半には,下イラクの総督イブン・ラーイクIbn Rā’iq(?‐942)が,カリフよりアミール・アルウマラー(大アミール)の称号を得,カリフの世俗的な権限を全面的に奪い,以後イラクを中心とする東方イスラム世界の支配権は,次のブワイフ朝時代をも含めて,大アミールの手に握られることになった。大アミールとは,下級のアミールを統轄する官職ではなく,あくまでも軍事政権をつくり実権を握ったアミールに対する称号であり,その下で軍隊の指揮を行うものはハージブと呼ばれ,他のアミールは存在しなかった。…

※「イブン・ラーイク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ラーイクの関連キーワードステファヌス8世(9世)石敬瑭石敬瑭石敬瑭石清水臨時祭源信北野天満宮多治比文子藤原為光源允明

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android