コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ラーイク イブン・ラーイク Ibn Rā'iq

1件 の用語解説(イブン・ラーイクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ラーイク
イブン・ラーイク
Ibn Rā'iq

[生]?
[没]942.4. モスル
アッバース朝の将軍。初代のアミール・アルウマラートルコハザール族の出身。父は下級のマムルーク (トルコ系奴隷軍人) であったが,彼は将軍ムーニスの引立てで頭角を現し,警察の長官,侍従長などを歴任したのち,下イラク地方の総督となり,兵力をたくわえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイブン・ラーイクの言及

【アミール】より

…同朝の君主はスルタンを自称することがあったが,法的には,あくまでアミールの地位にあった。10世紀の前半には,下イラクの総督イブン・ラーイクIbn Rā’iq(?‐942)が,カリフよりアミール・アルウマラー(大アミール)の称号を得,カリフの世俗的な権限を全面的に奪い,以後イラクを中心とする東方イスラム世界の支配権は,次のブワイフ朝時代をも含めて,大アミールの手に握られることになった。大アミールとは,下級のアミールを統轄する官職ではなく,あくまでも軍事政権をつくり実権を握ったアミールに対する称号であり,その下で軍隊の指揮を行うものはハージブと呼ばれ,他のアミールは存在しなかった。…

※「イブン・ラーイク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・ラーイクの関連キーワードNMOSともすると没・歿勃・歿・没動ともすると動もすると動もすれば三角数N-ブロモスクシンイミド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone