コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アッティクタカー Ibn al‐Tiqṭaqā

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アッティクタカー【Ibn al‐Tiqṭaqā】

14世紀のイラクの歴史家。生没年不詳。第4代正統カリフ,アリーの系統を引く家系に生まれた。モースルの支配者ファフル・アッディーンに献じた《ファフリー》の著者である。これはカリフの歴史であると同時にいわゆる〈君主の鏡〉のジャンルにも入るもので,歴代のカリフとそのワジール(宰相)の伝記をさまざまな逸話を交えながら書いている。都会的な文人趣味があふれており,同時代の事実羅列主義の歴史書とは違って,読物として多くの読者を引きつけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android