コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルファラディー Ibn al‐Faradī

1件 の用語解説(イブン・アルファラディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルファラディー【Ibn al‐Faradī】

962‐1013
イスラム時代のアンダルスの学者。コルドバに生まれ,当地で法学,伝承学,文学,歴史学などを学んだ後,メッカ巡礼を敢行した。カイロカイラワーンを経て帰郷後,後ウマイヤ朝下のバレンシア裁判官(カーディー)に任命された。著書《アンダルスの学者列伝》は,以後当地における伝記集の模範となった。ベルベルによってコルドバが襲撃された時,自宅で殺害された。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・アルファラディーの関連キーワードアルハンブラセビリアイスラム帝国汎イスラム主義イスラム共同体イスラム債券イスラム聖戦機構エステポナゴールデンスラムヘレス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone