イブン・イスハーク(英語表記)Ibn Isḥāq

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・イスハーク【Ibn Isḥāq】

704ころ‐767ころ
まとまったムハンマド伝として最も古い《預言者の伝記》の著者。もと《マガージーの書》と呼ばれた三部作であったが,古く散逸し,イブン・ヒシャームの編集した《預言者の伝記》として今日に伝えられる。戦争捕虜としてメディナに来て解放された祖父も父も当時の著名な学者。父やズフリーなどからメディナで学んだが,メディナ学界の長老にうとまれ,各地を歴訪し,建設直後のバグダードで没した。【後藤 晃】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android