イブン・イスハーク(英語表記)Ibn Isḥāq

世界大百科事典 第2版の解説

704ころ‐767ころ
まとまったムハンマド伝として最も古い《預言者の伝記》の著者。もと《マガージーの書》と呼ばれた三部作であったが,古く散逸し,イブン・ヒシャームの編集した《預言者の伝記》として今日に伝えられる。戦争捕虜としてメディナに来て解放された祖父も父も当時の著名な学者。父やズフリーなどからメディナで学んだが,メディナ学界の長老にうとまれ,各地を歴訪し,建設直後のバグダードで没した。【後藤

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android