イブン・クタイバ(英語表記)Ibn Qutayba

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・クタイバ【Ibn Qutayba】

828‐889
イラン系の歴史家,文学者。クーファ生れ。イラン西部のディーナーワルで20年ほど裁判官を務めたのちバグダードに移り,晩年まで教職にあって二十数冊の著書を残した。アッバース朝初期までの概説史《知識の書》,評論集《詩と詩人の書》,古代からの詩文を集めた《物語の源泉》,文章作法を論じた《書記の教養》などのほかに,コーランやハディースの注釈書や神学論集もあり,著作内容は多面にわたっている。【磯崎 定基】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android