イブン・クタイバ(英語表記)Ibn Qutayba

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・クタイバ【Ibn Qutayba】

828‐889
イラン系の歴史家,文学者。クーファ生れ。イラン西部のディーナーワルで20年ほど裁判官を務めたのちバグダードに移り,晩年まで教職にあって二十数冊の著書を残した。アッバース朝初期までの概説史《知識の書》,評論集《詩と詩人の書》,古代からの詩文を集めた《物語の源泉》,文章作法を論じた《書記の教養》などのほかに,コーランやハディースの注釈書や神学論集もあり,著作内容は多面にわたっている。【磯崎 定基】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android