コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ジャマーア Ibn Jamā‘a

1件 の用語解説(イブン・ジャマーアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ジャマーア【Ibn Jamā‘a】

1241‐1333
イスラムシャーフィイー派の法学者。マムルーク朝時代のカイロダマスクスの大カーディーを務めた。再度のモンゴル軍の西アジア侵略により,イスラム世界の崩壊の危機を感じた彼は,イスラム法を中心に置いた強力な独裁君主国家の建設を夢見た。〈権威は無政府状態に勝る〉として暴君の存在を容認し,さらに軍事的指導者が自ら宗教的指導者であるイマームの職をも兼任する状態を理想とした国家論を展開した。主著は《イスラム教徒の国家運営論》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイブン・ジャマーアの言及

【イスラム】より

…たとえばマーワルディーは,支配者がシャリーアに従って政治を行うならば,カリフは王権に合法性を与えるべきであるとし,またガザーリーは,共同体の秩序維持にあたるスルタンを,カリフは無条件で承認すべきであると主張した。のちには妥協と追認のカリフ論を批判するイブン・タイミーヤのような思想家も現れたが,大方のウラマーは現実に対して次々と譲歩を重ね,ついにはイブン・ジャマーアのように暴君の容認にまでいたったのである。
[国家の構造]
 カリフやスルタンによる統治(ウィラーヤ)の実態についてみると,アラブ帝国の時代にはアミールが征服地の農民から租税を徴収し,そのなかからアラブ戦士に俸給(アター)を支給するというシステムがとられた。…

※「イブン・ジャマーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ジャマーアの関連キーワード建武新政窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台ポーランド史赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone