コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ジャマーア Ibn Jamā‘a

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ジャマーア【Ibn Jamā‘a】

1241‐1333
イスラムシャーフィイー派の法学者。マムルーク朝時代のカイロとダマスクスの大カーディーを務めた。再度のモンゴル軍の西アジア侵略により,イスラム世界の崩壊の危機を感じた彼は,イスラム法を中心に置いた強力な独裁君主国家の建設を夢見た。〈権威は無政府状態に勝る〉として暴君の存在を容認し,さらに軍事的指導者が自ら宗教的指導者であるイマームの職をも兼任する状態を理想とした国家論を展開した。主著は《イスラム教徒の国家運営論》。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・ジャマーアの言及

【イスラム】より

…たとえばマーワルディーは,支配者がシャリーアに従って政治を行うならば,カリフは王権に合法性を与えるべきであるとし,またガザーリーは,共同体の秩序維持にあたるスルタンを,カリフは無条件で承認すべきであると主張した。のちには妥協と追認のカリフ論を批判するイブン・タイミーヤのような思想家も現れたが,大方のウラマーは現実に対して次々と譲歩を重ね,ついにはイブン・ジャマーアのように暴君の容認にまでいたったのである。
[国家の構造]
 カリフやスルタンによる統治(ウィラーヤ)の実態についてみると,アラブ帝国の時代にはアミールが征服地の農民から租税を徴収し,そのなかからアラブ戦士に俸給(アター)を支給するというシステムがとられた。…

※「イブン・ジャマーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ジャマーアの関連キーワードケレスチヌス4世建武新政日本におけるおもな時代区分窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台グレゴリウス9世円爾リーグニッツの戦い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android