イブン・ズフル(英語表記)Ibn Zuhr

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ズフル【Ibn Zuhr】

1091か94‐1161か62
セビリャに生まれ死んだ医者。西ヨーロッパではアベンゾアルAvenzoar(またはAbhomeron)とのラテン名で知られた。スペインにも勢力を持つモロッコの王朝ムラービト家の侍医となり,ムワッヒド家に替わった後も仕えた。《精神と肉体を調和させる正しい環境の書》《治療と食餌の書》などを著し後者は《Altersir(Theisir)》という名でラテン語に訳された。縦隔洞膿瘍mediastinal abscessの記述を含むが,著者自身この症状を持っていたらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android