イブン・タイミーヤ(英語表記)Ibn Ṭaymīya

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・タイミーヤ【Ibn Ṭaymīya】

1263‐1328
イスラムハンバル派の法学者,神学者。ハッラーンで生まれ,ダマスクスで没した。彼の一生は,その厳しい思想のために,ウラマースーフィーたちとの論争や,権力者による投獄などの迫害との闘争の連続であった。彼は神と人間の絶対的不同性を強調し,神秘的な神との合一を否定した。人間の最高の目的をイバーダ,すなわち神への奉仕にあるとして,その基礎をシャリーア(イスラム法)の絶対性とその完全な遂行に置いた。このような立場から,スーフィー的な汎神論や世俗的権力に追従するウラマーの堕落を鋭く攻撃して両者の反感を買った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・タイミーヤの言及

【イスラム】より

…このことは,単に法学上の問題だけにとどまらず,神秘主義がスンナ派信仰のなかにその場所を得,一般に神秘主義的傾向が強まったことと相まって,スンナ派神学の固定化を招いた。その後イブン・タイミーヤのように,イジュティハードの門の閉鎖に強く反対し,神秘主義者の汎神論と聖者崇拝を鋭く非難する者もあったが,12世紀以降近代にいたるまで,スンナ派イスラム世界に思想の安定化と固定化の時代が訪れる。
[諸分派の活動]
 前近代のイスラムにあって分派的宗派とみなしうるものは,それぞれの分派を含むハワーリジュ派とシーア派である。…

【ハンバル派】より

…ブワイフ朝のバグダード入城(946)まで,この地で最も勢力を誇る法学派であったが,ブワイフ朝のシーア派保護政策により,しだいに勢力を失った。イブン・タイミーヤと,その弟子イブン・カイイム・アルジャウジーヤの活躍により,14世紀にシリアで一時勢力を回復したが,あまりにも排他的であったため長続きしなかった。18世紀にイブン・タイミーヤの強い影響を受けたワッハーブ派がアラビア半島に興り,現在ハンバル派に属すものは,このワッハーブ派だけである。…

※「イブン・タイミーヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android