コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・トゥファイル Ibn Ṭufayl

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・トゥファイル【Ibn Ṭufayl】

1105ころ‐85
西方イスラム世界の哲学者,医師。ラテン名はアブバケルAbubacer。グラナダ近郊に生まれマラケシュで没。長くムワッヒド朝のカリフ,アブー・ヤークーブ・ユースフに宮廷医師として仕え,1182年その職をイブン・ルシュドに譲って引退した。若干の医学書を残しているが,とくに哲学小説《ヤクザーンの子ハイHayy b.Yaqẓān》(〈覚めた者の息子,生きた者〉の意)の著者として有名。それは絶海の孤島で独力の思想的営為の末,哲学的英知を達成した老人と,無知な群衆が伝統的で因習的な宗教に満足しているのを嫌って,別の島から脱出してきた若者とが意気投合し,無知な群衆に真理を説き聞かせるため若者の島を訪れたが,そこでは2人の教えをめぐって不和と争いが起こり,2人は絶望して孤島に帰っていくというものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イブン・トゥファイルの関連キーワードイブン・ルシュドビトルージーイスラム哲学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android