コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ハウカル Ibn Ḥawqal

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ハウカル【Ibn Ḥawqal】

10世紀の地理学者イスラム教徒で,ジャジーラ地方のニシービーン出身ということ以外には,伝記,生没年ともに不詳。10世紀のイスラム世界スペインシチリアからマー・ワラー・アンナフルまで広く旅行した。おそらくは商業にも携わっていたのであろう。彼の地理学の主著《道里および諸国記》は,イスタフリーの同名の著を基礎としつつ,彼自身の経験・観察も取り入れた地理学史上の重要な著作で,同時代の各地の経済状態については特に貴重な情報を含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone