コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ハッリカーン Ibn Khallikān

1件 の用語解説(イブン・ハッリカーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ハッリカーン【Ibn Khallikān】

1211‐81∥82
アラブの伝記事典作者。マドラサ(学院)教授を父としてジャジーラ地方のイルビル生まれる。カーディー(裁判官),マドラサ教授などを務めた著名なシャーフィイー派法学者でもあった。彼の編纂した伝記事典《名士死亡録》は,イスラム史上の名士のうち(ムハンマドの教友などは除かれている),没年のわかっている者だけ700余名を名前(イスム)のアルファベット順に並べたものである。特に著書と同時代の人々について貴重な情報が豊富。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ハッリカーンの関連キーワード春華門院カラ・キタイ建暦三長記黒契丹建暦承元無名抄カラ・キタイ喫茶養生記

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone