コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・バーッジャ Ibn Bājja

1件 の用語解説(イブン・バーッジャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・バーッジャ【Ibn Bājja】

?‐1139
西方イスラム世界の哲学者。同時に,ムラービト朝ワジール(宰相)としても活躍した。ラテン名ではアベンパケAvem(n)paceスペインサラゴサに生まれた。ムラービト朝のワジールであったとき,敵対者たちの手により,モロッコフェスで若くして暗殺されたと伝えられている。《孤独者の嚮導》《人間の目標》等の哲学論文は未完のままで残されている。イスラム哲学史においては,イブン・ルシュドに先駆け,〈知性唯一説〉を唱えた人として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・バーッジャの関連キーワード寂蓮源為朝陸九淵源氏供養松浦荘ラテラノ公会議院朝円照覚法法親王高陽院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone