コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・バーッジャ Ibn Bājja

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・バーッジャ【Ibn Bājja】

?‐1139
西方イスラム世界の哲学者。同時に,ムラービト朝ワジール(宰相)としても活躍した。ラテン名ではアベンパケAvem(n)pace。スペインのサラゴサに生まれた。ムラービト朝のワジールであったとき,敵対者たちの手により,モロッコのフェスで若くして暗殺されたと伝えられている。《孤独者の嚮導》《人間の目標》等の哲学論文は未完のままで残されている。イスラム哲学史においては,イブン・ルシュドに先駆け,〈知性唯一説〉を唱えた人として注目される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イブン・バーッジャの関連キーワードマグヌス3世高陽院近衛天皇寂蓮藤原実定源為朝陸九淵源氏供養松浦荘ラテラノ公会議

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android