イブン・ヒシャーム(英語表記)Ibn Hishām

世界大百科事典 第2版「イブン・ヒシャーム」の解説

イブン・ヒシャーム【Ibn Hishām】

?‐833
ムハンマド伝の古典《預言者の伝記Sīra rasūl Allāh》の編集者。イブン・イスハークの《マガージーの書》の第2部と第3部とを編集し,他書から補った注をつけた。A.ジロームによる英訳がある。彼は,南アラビアの名家の血を引くと伝えられ,《マガージーの書》の第1部を主要な素材として,南アラビアの古代史を扱った《ヒムヤル王の王冠の書》を著した。父の代にバスラからエジプトに移り,生涯をそこで過ごした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android