イヘヤトカゲモドキ(読み)いへやとかげもどき(英語表記)Goniurosaurus kuroiwae toyamai

知恵蔵miniの解説

イヘヤトカゲモドキ

トカゲモドキ科の爬虫類の一種。琉球列島に生息しているクロイワトカゲモドキ(Goniurosaurus kuroiwae)の一亜種で、伊平屋島のみに分布する。全長は15~18センチメートルで、幅広い胴が特徴。常緑広葉樹林やその付近に生息し、夜行性であることが確認されており、クモ類や昆虫類の幼虫などを採食する。冬眠はせず、春から夏にかけて活動性が高まる。6月下旬~7月上旬にかけて繁殖し、1度の産卵で2個の楕円形の卵を産む。2017年12月、国際自然保護連合(IUCN)は絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表し、絶滅危機の度合いを示す3段階のうち最も深刻なランクに指定した。

(2017-12-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヘヤトカゲモドキの関連情報