コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマンドライト imandrite

岩石学辞典の解説

イマンドライト

石英と曹長石が文象組織となり,緑泥石化した黒雲母などが伴われる岩石で,マフィック鉱物に富む縁部に囲まれた節(knot)として産出する[Ramsay : 1894].ネフェリン閃長岩マグマとグレイワッケとの間の相互作用によってアグマタイトが形成されたと考えられている.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android