イマームル・ハラマイン(読み)いまーむるはらまいん(英語表記)Imām al-Haramain

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イマームル・ハラマイン
いまーむるはらまいん
Imm al-aramain
(1028―1085)

スンニー派イスラム神学者。イマームル・ハラマインは尊称であり、本名はアブル・マアーリー・アル・ジュワイニーAbl-Ma'l al-Juwainという。ネイシャーブール(ニシャブール)のニザーミーヤ学院の院長を務めた。有名なアブー・ハーミド・ガザーリーは彼の弟子。イマームル・ハラマインは精緻(せいち)な知識論を根拠にして、スンニー派イスラム神学の体系化に貢献した。彼は神学的論証の論理的厳密性を重視し、種々の神学上の主題を詳細に分析し綿密な論証を行っている。とりわけ彼の言語論は、現代の意味論における内的言語の問題に通ずる部分があり、注目されている。[松本耿郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android