イマーム・レザー(英語表記)Imām Reẓā

世界大百科事典 第2版の解説

イマーム・レザー【Imām Reẓā】

765‐818
イスラムの十二イマーム派第8代イマーム。第7代イマームの子として生まれ,799年にイマームに即位。アッバース朝カリフ,マームーンのシーア派宥和政策でメディナからメルブに招かれ,817年にカリフの継承者に任命されたが,アッバース家側に強く反対され,翌年トゥース近郊で急死した。シーア派はマームーンに毒殺されたと主張する。遺体はマシュハドの聖廟(イマーム・レザー廟)に祀られている。【黒柳 恒男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイマーム・レザーの言及

【マシュハド】より

…かつては約20km北にあるトゥースṬūsに属し,セイナバードと称する小村にすぎなかった。シーア派第8代イマーム,イマーム・レザーが818年この地で毒殺され,その廟が造られてから聖地として発展し,〈殉教(シャハーダshahāda)の地〉を意味するマシュハドが地名となった。イラクのカルバラーとともにシーア派の巡礼地で,巡礼者はマシュハディーと呼ばれる。…

※「イマーム・レザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android