イヤンプー山(読み)いやんぷーさん(英語表記)Nevado del Illampu

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヤンプー山
いやんぷーさん
Nevado del Illampu

南アメリカ、ボリビア・アンデス山脈の高峰。ティティカカ湖の東方約30キロメートルにアンコウマ山と相接してそびえる。イーマニー山などとともに高峻(こうしゅん)なレアル山脈を形づくり、アルティプラノ高原の東縁をなす。標高は6380メートルといわれるが、このほか6362メートル、6485メートル、7014メートルなどの説もあり、事実上不定である。山頂部約5500メートル以上は万年雪に覆われている。古生代前期の地層を貫き、古生代末から中生代ジュラ紀に生成された花崗(かこう)岩体よりなる。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android