コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクでの米軍増派 いらくでのべいぐんぞうは

1件 の用語解説(イラクでの米軍増派の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

イラクでの米軍増派

ブッシュ米大統領は2007年1月にイラクに2万人の米軍の増派を発表した。首都バグダッドの治安回復とスンニ派反米武装勢力の拠点である首都西方のアンバル州に重点的に充てられた。9月にブッシュ大統領は、アンバル州で地元のスンニ派勢力と米軍の協力によって、アルカイダ勢力を弱体化させたことなどを強調し、08年7月までに3万人を削減することを発表した。 ペトレイアス・イラク駐留米軍司令官が、「イラク全体の死者数が06年12月から45%減った」などと米議会で証言し、一部削減が可能と証言した。大統領の発表は、それを受けたものだが、増派分の削減にとどまり、米国内で高まる米軍撤退論議は先送りされた。

(川上泰徳 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラクでの米軍増派の関連キーワードブッシュ悪の枢軸ブッキッシュPSACPCASTジョージHWブッシュタンブッシュ岩イラク新戦略と同行チームチャベス・ベネズエラ大統領新生イラクの政治体制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone