イラクとシリア

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラクとシリア

70年代後半、当時の両国の政権党だったバース党同士の確執や、イラン・イラク戦争シリアイラン支持に回ったことなどから80年代初めに断交。シリアは反フセイン政権活動家の亡命を受け入れ、湾岸戦争では多国籍軍の対イラク作戦に加わった。米軍主導のイラク戦争で旧フセイン政権が崩壊したのを受け、両国外相が06年11月、関係正常化の合意文書に署名、国交を回復した。

(2007-12-14 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イラクとシリアの関連情報