イラクのスンニ派とシーア派

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラクのスンニ派とシーア派

イラクでは、西部や北部中心アラブ人のイスラム教スンニ派が人口の2割、中南部を中心に同シーア派が約6割、主に北部に居住するクルド人が約15%を占める。旧フセイン政権下ではスンニ派が主導権を握り、シーア派の多くは冷遇されてきた。イラク戦争後両派の対立が強まったが、社会主義を掲げていた旧政権下では宗派間の対立があまり目立たなかった。

(2006-03-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android