コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクの原油生産

1件 の用語解説(イラクの原油生産の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラクの原油生産

確認埋蔵量は世界5位。国際エネルギー機関(IEA)は昨年10月にまとめたイラクの特別報告書で、生産量は2020年に610万バレル、35年には830万バレルに達すると予測している。35年の世界の石油需要は中国などの消費増大で9970万バレルと11年比14%増加。シェールオイルが急増する米国が「純輸出国」になるのは30年ごろで、イラクは世界2位の輸出国となる見通し。イラクの油田の多くは採掘が容易で開発費はシェールオイルの7~35分の1程度。石油天然ガス金属鉱物資源機構の西村昇平・主任研究員は「こんな場所は世界にほとんど存在しない」。

(2013-04-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラクの原油生産の関連キーワード国際エネルギースタープログラムエネルギー代謝核エネルギー国際エネルギー機関国際エネルギー計画熱エネルギーポテンシャルエネルギー国際再生可能エネルギー機関世界エネルギーアウトルックエネルギー学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラクの原油生産の関連情報