コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラクの民族・宗派

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラクの民族・宗派

イラクでは、西部や北部を中心にアラブ人イスラム教スンニ派が人口の2割、中南部を中心に同シーア派が約6割、主に北部に居住するクルド人が約15%を占める。シーア派は、預言者ムハンマドのいとこで娘婿のアリーとその子孫を指導者とみなす教義を持つのに対し、スンニ派は指導者の血統を問わない。旧フセイン政権下ではスンニ派が主導権を握り、シーア派は冷遇された。クルド人は大半がスンニ派だが、旧フセイン政権下では弾圧された。

(2006-05-21 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone