イラク・シリア・イスラム国(ISIS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラク・シリア・イスラム国(ISIS)

イスラム国家の樹立を掲げるスンニ派武装組織。イラク戦争後にアルカイダ系の反米勢力が合流してできた「イラク・イスラム国(ISI)」が、2011年に始まったシリア内戦に介入して改名した。勢力は数千人とされる。イラク北部とシリア東部を拠点とし、シーア派市民を狙った無差別テロを繰り返している。

(2014-06-13 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イラク・シリア・イスラム国(ISIS)の関連情報