コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イランとガソリン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イランとガソリン

イランの原油確認埋蔵量は約1260億バレルでサウジアラビアに次ぎ世界2位。石油輸出国機構(OPEC)加盟国中2位の生産量を誇る。一方、79年のイスラム革命後、石油精製施設の拡充は進まず、88年のイラン・イラク戦争後、人口と私有車の使用も増加し、90年代初めごろから、ガソリンの輸入が始まった。

(2006-04-27 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

イランとガソリンの関連キーワード文応バイバルスマムルーク朝チャガタイ・ハン国日蓮元の時代(年表)ホタルイカ見沼田んぼエックハルト亀山天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android