コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イランの核開発

1件 の用語解説(イランの核開発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イランの核開発

2002年にウラン濃縮計画の存在が発覚。核武装をめざしているとの疑いを招いた。ハタミ前政権は03年にウラン濃縮活動を一時停止したが、アフマディネジャド政権が06年に再開。10年からは濃縮度を20%に高めたウランの製造にも着手した。イランは発電や医療用などに限った「平和利用」が目的とし、核武装の意図を否定している。

(2012-02-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イランの核開発の関連キーワードウラン濃縮核燃料濃縮ウラン高濃縮ウラン低濃縮ウランユーロディフウラン濃縮工場人形峠環境技術センター北朝鮮の高濃縮ウラン(HEU)計画イランの核問題

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イランの核開発の関連情報