コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イランの難民

1件 の用語解説(イランの難民の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イランの難民

79年の旧ソ連のアフガン侵攻から湾岸戦争イラク戦争に至る長い混乱で、東西の隣国から、最大時450万人もの難民が流入。現在もアフガン難民約94万、イラク難民5万4千人が残る。アフガン難民の9割は、テヘランなど大都市に住み、低賃金労働に従事し、教育や医療も十分受けられない厳しい環境にある。

(2007-01-09 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イランの難民の関連情報