イラン核開発問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラン核開発問題

2002年、イラン国内で核施設の建設が進んでいることが発覚。国際社会は核兵器製造を狙った動きだと疑った。イランは03年、英独仏とウラン濃縮の一時停止で合意したが、05年に強硬派のアフマディネジャド大統領が就任し、06年に濃縮を再開。国連安全保障理事会制裁決議を無視し、「民生用」を口実に核開発を続けた。13年に穏健派のロハニ大統領が就任すると融和路線に転じ、15年4月、米英独仏中ロとの間で核開発制限を盛り込んだ「枠組み」に合意した。

(2015-07-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イラン核開発問題の関連情報