コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラン革命と米大使館占拠人質事件

1件 の用語解説(イラン革命と米大使館占拠人質事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラン革命と米大使館占拠人質事件

79年2月、ホメイニ師が亡命先のパリから帰国。革命政府を樹立し、親米の王制を打倒した。イスラム指導体制は、王政の近代化路線で生まれた弱者や貧者ら、抑圧された人々の救済を革命理念の根幹に掲げた。米国がパーレビ元国王の入国を認めたことに抗議し、学生約400人が79年11月4日、テヘランの米国大使館を占拠。外交官らを人質に、元国王の引き渡しを求めた。米国は80年4月、イランと断交。人質救出作戦に失敗し、カーター政権には打撃となった。81年1月、アルジェリアの仲介で444日ぶりに人質52人全員が解放された。

(2009-02-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラン革命と米大使館占拠人質事件の関連キーワードアメリカ独立革命亡命亡命政権ホメイニマデロ命日クラカウアー亡命政府褒め称える褒め喧る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone